プライバシーポリシー2017/02/07

1.個人情報の取得について
当アプリでは、個人情報の取得は行っておりません。
撮影した画像・動画及び録音した音声はアプリ内の使用に限定されています。

2.ポリシーの変更について
当アプリのバージョンアップ等により、本ポリシーの内容が変更される場合があります。

3.お問い合わせ窓口
本ポリシーに関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお願い致します。


相棒 -劇場版IV-2017/02/15

面白かったです。
手放しで絶賛するような傑作というわけではないですが。

出だしは引き込まれます。
7年前に起こった駐英日本領事館の集団毒殺と少女の誘拐。そして現在では何らかの情報を得て追われ殺害される男と、そこに駆けつける特命係と国連犯罪情報事務局の元理事。
それらの出来事が複雑に絡み合ってやがて…かと思うと、その辺りは案外あっさり。
よく言えばわかりやすい、悪く言えばちょっと物足りない。

いつもの相棒らしく、要所要所で杉下右京の推理・ひらめきで話を進めていきます。しかし全体的には大きなトリックを暴くとか、狡猾な犯人の裏をかく頭脳合戦というものではなく、断片的な情報から犯人側の過去や事情を徐々にひも解いてゆくといったところでしょうか。物悲しい良い話ではありますが、意外性やどんでん返し・カタルシスといった物には欠けていました。
大体、最終的な黒幕が事件が未遂に終わるように誘導してたくらいですからね。


それでは、感想いろいろ。

・銀座というには、田舎っぽい。

・伊丹はある意味、重要な役どころ。そこが一番笑えたと言えば笑えた。

・久々に登場の米沢は、鑑識としての腕というよりは鉄オタとして。

・同じく久々に登場した神戸は特命に居たころのような扱い。内村刑事部長に怒鳴られてたし。
 劇場版IIIでは遠くなったような感じだったので、ちょっと良かった。

・大河内監察官は事件に絡まず。変なタイミングで出てきて、変な存在感。

・映画の前にやってた前後編の通常回は、あまり関係なかった。最後に山崎警備局長が地団太踏んでいたけど、その程度。犯人と通じていて失脚するわけじゃないのか

・ラストシーンは、なんか「相棒」シリーズのラストシーンといってもおかしくないような雰囲気。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相棒 劇場版4 [ 大石 直紀 ]
価格:550円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)


小説版。映画とは結末が異なるらしい。